森の子たち Forest children

¥1,800

北海道の先住民族アイヌの人々は、シマフクロウをコタンコロカムイと呼び、最高位の神として崇めている。しかし森は破壊され、数は激減し、絶滅危惧種に指定されている。今、コタンコロカムイの子供たちはいったいどこへと向かうのだろか?

The Ainu people of Hokkaido's indigenous people call the Owl the Kotankoro Kamui and worship it as the highest deity. But the forests have been destroyed, the numbers have plummeted, and they are endangered species. Where are the Kotankorokamui children going now?

この製品は利用できません